CONTENTS
「名刺 会社」
に関連するツイート
Twitter

名刺のデザインを考える

クリエイターの方こそ名刺の作成が大切です

クリエイターの方こそ名刺の作成が大切です 会社や組織に所属していないクリエイターの方は、基本的に個人事業主になります。
開業届けを出していなかったとしても、アーティストは自称でビジネスを始められます。
まさに腕一本でイラストやデザインの仕事を請け負う事が可能であり、才能に秀でた方であれば、特にキャリアが無くても様々な企業や組織から仕事を発注してもらえます。
ただ、一方で全くのかけだしのクリエイターであれば、自分の名前を売る事が大切です。
インターネットという便利なPRツールがある現代ですが、個人事業主となった以上は名刺を持っていた方が良いでしょう。
個人でイラストやデザインの仕事を請け負う方々は名刺を作成しており、個人名やメールアドレス、裏面に仕事の実績や出来るスキル、担当出来る分野などをプリントアウトしています。
そういった名刺を作成しておけば、様々な場で自分のスキルとノウハウをPR出来ます。
Twitterやブログのアドレスを明記しておけば、自分のアップした作品を効果的に閲覧してもらえますので、リアルで会う人々に名刺をどんどん配布すれば、それだけクリエイターとして仕事が受け取れるチャンスが増加します。  

クラウド上にデータを保存して名刺の管理

仕事でたくさんの名刺をやり取りする人にとって、管理することは手間のかかることで、その中からお目当ての人を探すのにどこにやったのかと頭を悩ますことも多いでしょう。
簡単に探せて営業活動をもっとスムーズにしたいと考えている人も多いはずです。
クラウド上にデータを保存して簡単に名刺の登録、管理ができるアプリがあります。
特別なスキャナは必要ありません、スマートフォン、タブレット、携帯電話などのカメラ機能があれば情報を読み込んでくれ、操作は簡単で分かり易いです。
必要な情報を簡単に検索することができるなど、社内のいろいろな人がもらった名刺を共有しクラウドを介して効率よく一括管理できます。
電話やメールまた地図などとも連携しており、本物の名刺交換のようにデータの交換ができます。
いつでもどこでもすぐにクラウド上のデータにアクセスすることで情報を確認することができるので営業活動がスムーズになり、整理しておいてよかったと重宝します。  

check

吉原でソープを探す

最終更新日:2018/6/6